TouchGFX事始め

STマイクロ社よりTouchGFXという高機能GUIが簡単に作れるツールが提供されていました。

以下STマイクロ サイトの紹介より

「TouchGFXは、STM32マイクロコントローラ向けに最適化された高度な無償グラフィック・ソフトウェア・フレームワークです。TouchGFXは、STM32のグラフィック機能およびアーキテクチャを利用して、スマートフォンのような魅力的なグラフィック・ユーザ・インタフェースの作成をサポートします。」…以下略

STマイクロのサイトでTouchGFX Designerで検索すると上記の紹介文とダウンロード先のリンクがあります。

https://www.st.com/ja/development-tools/touchgfxdesigner.html

早速ダウンロードして使ってみました。ダウンロードにはSTマイクロの会員ID(無料)が必要です。

(2020/04/21 現在の最新バージョンは4.13.0)

ダウンロードファイルを解凍後、解凍フォルダー以下\Utilities\PC_Software\TouchGFXDesigner\ TouchGFX-4.13.0.exeを実行するとインストールがが始まります。

以下、インストーラーの指示に従い、インストールします。

TouchGFX init

TouchGFX Designer起動画面

続けてTouchGFXのTutorial 1:Trying Out the Examples

にある簡単なサンプルを動かしてみます。

まず
Running an Example Using TouchGFX Simulator

https://support.touchgfx.com/docs/tutorials/tutorial-01/#running-an-example-using-touchgfx-simulator

です。

TEMPLATEでChangeをクリックしてChoose a UI Templeteの中からAnimatedImage ExampleをクリックしてからSELECTをクリックするとUI TEMPLATEがAnimatedImage Exampleになります。

さらにCreateをクリックするともう出来上がり、簡単ですね。

tutorial

続けてRun SimulatorでWindows Simulatorが動きます。Startで上の絵柄が回転、Stopで停止します。

続けて

Running an Example on an STM32 Evaluation Kit

をやってみます。

まずFile→Newで新しいプロジェクトを開始します。UI TEMPLATEは直前にやったAnimatedImage Exampleです。

ちょうどSTM32F746G Discovery KitがあるのでTutorialにあるようにAPPLICATION TEMPLATEでCHANGE→STM32F746G Discovery KitをSelectしてCreateします。DiscoveryをUSBケーブルで接続後、Run TargetでDiscovery Kit上で同様の動作ができました。

簡単ですね。

とりあえずTouchGFX事始めはこんなところで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

STM32

次の記事

TouchGFXをSTM32CubeIDEで動かす